HOME>ミニマム一覧>AIIT>FIDELITY FUNDS INTERNATIONAL BOND FUND

FIDELITY FUNDS INTERNATIONAL BOND FUND

ローンチ 01.10.90
Benchmark International Bond Fund Composite


Overview

ファンド・マネジャーは一貫したベースの上に基準インデックスより低い不安定さでより高い収益を生産することを目指すプロセスを使ったファンドを管理します。 ファンドの持続時間はそれへの概括的に中立の親類のベンチマークにしておかれます。 強調は大いに個別の債権選択を通して値を加えることについてであって、そして非常に多くの重要性を詳細なクレジット分析に置きます。 クレジット研究プロの企業内のチームが機会で主要な発展のために魅力的な利回りを提供するかもしれない企業の債権を分析して、そして識別するためにマネージャーを支援します。

投資スタイル

忠誠が固定収入マネージメントへの多戦略のアプローチを使います。 他のマネージャーが(彼・それ)ら自身をマクロ経済の賭けに制限するかもしれないところ(に・で)利子あるいは通貨レートの方向に関して、忠誠が一つの決定が他のアクティブな決定と比較してファンドに対する最有力の影響を与えないことを保証する方法を探すいろいろなキー戦略を使います。

・個々の発行者の根本的な分析。
・部門戦略。
・信用度(AA対A対BBBに対しての、AAA)と産業(例えば電気通信対光熱費)。
・クロスカレンシー(ポジションヘッジ)
・イールドカーブ戦略
(by.翻訳エディタ)


成績(10/1990〜01/2010)




<寸評>
TempletonのGlobal Bondと比較すると、こちらは予想通り「先進国中心」の債券もの、という感じでしょう。
ただ、インデックスを下回っている点より、正直TempletonのGlobal Bondと比べると見劣りする感あるか。
(元々ベンチマークも違うので実は「全く違う市場ものだから当然だよ!」となるかもしれないですが、、、)

お問い合わせはコチラまで。


HOME>ミニマム一覧>AIIT>American Income Portfolio