HOME>ミニマム一覧>AIIT>Fidelity Latin America Fund

FIDELITY FUNDS
LATIN AMERICA FUND

ローンチ 09.05.94
Benchmark MSCI Emerging Markets Latin America Blend
Std. Dev. 不掲載だが、激しいのは確か(笑)


Overview

ポートフォリオ特徴

ファンド・マネジャーは拘束されません;(彼・それ)らは bottom-up 最高信念ポートフォリオを運営するの一般に50対80での所有財産、フルの市場資本価格の向こうの投資.

ベンチマークの中の株ウェイト割り当てが Fidelity の無比のグローバルな研究を高めている広範囲のソースが、量に関するスクリーン、会社のミーティング、産業エキスパートと対等者比較を潜在的な投資の機会を識別するために使ってネットワークで結ぶ考えが生成される最大限5%を上限とされます。

信念がそれから、会社の金融の立場の厳しい分析、ビジネスモデルの運転手の指示と会社の未来の価値可能性の生まれつきの理解を通して強められます。 上塗りとして(彼・それ)らの根本的なアプローチに、マネージャーは感情とマクロ経済の分析を(彼・それ)らが分析するそれぞれの株と市場の上に丸い光景を形成するために使います。

投資スタイル
マネージャーはありがたい価値と発展可能性の下で(そのために)捜索での選択を置いているべきしつけが良いボトムアップのアプローチを採用します。 それぞれのマネージャーが多くの根本的な(彼・それ)ら自身のものを維持しているキー部門と評価モデルを専門に扱う間に、ポートフォリオ構成がただ最も高い有罪決定の考えだけがポートフォリオにあることを保証する共同の決断によってされます。 (彼・それ)らはビジネスの基礎をなしている所得力とそれらの所得を増やす能力が株の評価額によって反映されない株に焦点を合わせます。 (彼・それ)らは最有力の市場持高を持っている会社、強い貸借対照表と株主へのフリー・キャッシュ・フロー復帰を与えて、そして増やす可能性を好みます。
(by.翻訳エディタ)

ローンチ以後のFidelityとMorganものとの比較



過去5年実績でのFiderityとMorganものとの比較


<寸評>
ラテンアメリカに投資するぜ、というもの。まぁご存じの方も多いでしょうが、ブラジルといえばリオ、リオオリンピックが決定してからはホント熱い地区でドカンと成績出てます。
中国やインド(もか?)のように、大国への仲間入りを果たすかどうか、、これは分からんですが、オリンピックまではブレは激しいものの熱いでしょうかね。

Morgan Latin America とどちらが優れているか?
この判断は非常に難しいです。
ローンチからの成績ではかなり大差がついて、Morganもののが実績上。
が、過去5年実績という視点でみると、微妙にこちらのが上。
どちらを重視してみるか?でしょうかね。

ま、余裕があるなら特に甲乙つけがたい感強いので、双方加えるのもアリでしょう。

お問い合わせはコチラまで。


HOME>ミニマム一覧>AIIT>Fidelity Latin America Fund