HOME>ミニマム一覧>AIIT>GAM Star Emerging Market Rates

GAM Star Emerging Market Rates

ローンチ 13 Apr 2010
Benchmark ?
Std. Dev. : 5.45%


Overview
GAM Star Emerging Market Ratesは絶対リターン・ファンドであり、世界的なローカル通貨及びハード通貨建て債券と共に幅広いエマージング 市場債券関連商品に投資します。Paul McNamara 、Caroline Gorman及びDenise Primeによりトップ・ダウン方式のテーマ型アプローチを用い、エマージング市場とエマージング通貨における投資機会を活用する為のクライシス・フィルターを用いて運用されています。流動性が高く、良好なリターンの一貫した力強い実績を上げています。

hedgefundreview.comより(ほぼgoogle翻訳そのまま)
GAM Star Emerging Market Ratesは、ローカルおよびハード通貨建てソブリンおよび準ソブリン債や金利スワップ、クレジット·デフォルト·スワップ(CDS)などと同様に通貨およびその関連誘導体のような関連デリバティブに投資しています。 投資ディレクター、ポール·マクナマラや投資マネジャーキャロラインゴーマンとデニスプライムは戦略を管理します。チームが協力して。

外の研究では、問題の選択を支援する10から12の国際的証券会社や銀行から来ています。研究の大半は、約75%が、新興市場の債務チームによって行われます。これは3つの投資マネジャー、そしてディーラーで構成されています。本研究では、主要な情報源から行われています。

国の責任の正式な分割はありません。管理者は、各ポートフォリオのために最高のアイデアを生成する責任があります。ゴーマンは、東欧、中東、南アフリカにもっと集中しながら、マクナマラ、リード投資マネージャーは、ラテンアメリカ諸国の多くの彼の研究に集中する傾向があります。プライムは、すべての分野に貢献しています。

債券投資チーム13機関投資家もあります。それぞれの投資専門家は、グローバル債券および為替市場のさまざまな部分での深い知識の豊富なソースを提供する部門のスペシャリストです。

ファンドのキーは、主要なグローバルなマクロ経済のテーマと傾向を特定することです。新興市場チームは、投資アイデアの生成プロセスに1つの入力としてこれらを使用しています。

ただし、特定の投資アイデアは、主に安定したマクロ経済環境と、正の実収量金利を有する国に焦点を当て、その構造化されたスクリーニングプロセスを適用してから生成されます。そして、彼らは将来の曲線の動きで自分の信念に従って国にポジションを割り当て、イールドカーブ上で自分自身を配置します。

ファンドは厳密に制御環境内での新興市場債券、ローカルおよびハード通貨および関連するデリバティブに投資する絶対リターンのアプローチを使用しています。

ファンドが積極的に選択する国、通貨、信用の質、金利と期間の位置決めを通じてリボル以上の約10%増の純絶対リターンを生み出すことを目指しています。

ヘッジは、投資マネジャーの裁量でトレードごとの貿易で行われます。

管理者は、保証プライマリーディーラー·システムによって提供される流動性だけでなく、液体、交換取引される証券を経由して投資する傾向を持っている国々に焦点を当てて良い流動性を維持しようとします。

通常の市場状況下でポートフォリオの大部分の清算には有意な負の価格への影響を受けずに三日の内に場所を取ることができる。

一般的にポートフォリオには、国や通貨とポジションの間に低い相関にわたって良好な多様化に有意義なポジションサイズのバランスをしようとしているマネージャーとの三から四テーマにわたる約30の位置を保持しています。

ファンドは成長のための長期的な機会は新興市場に存在するとの見方を反映し、全体の売上長いバイアスを持っている傾向があります。しかし、ファンドはすることができ、場合に応じて、ネットショートされています。




<総評?>

いやぁ、これまた苦労しました。分かりにくい(笑)。名前からエマージング市場に投資するよ、というものを想像していましたが、ファクトシートを見ると「Managed Futures」という文字が。。ざっくり概要を訳しただけでは正直意味不明だったので、海外のヘッジファンドレビューサイトを参照、細かく翻訳するのも面倒だったのでgoogle先生に頼りました。

厳密に制御環境内での新興市場債券、ローカルおよびハード通貨および関連するデリバティブに投資」

ま、一言でいえばここの一文が全てでしょう。
少し話がそれます。

金融先物市場と商品先物市場、どちらが利益を得やすいか?といったら、後者になります。
理由は単純で、商品先物市場のが歪みが出やすいから、とは過去のManaged Futuresもののファンドのプレゼン資料に書かれていた事です。

株式市場において、いわゆるインデックスに勝るリターンを得やすい市場、先進国か新興国か、という問いなら後者になります。
まだまだ歪みが大きいから、という理由ですね。

このファンドは、新興市場という歪みを利用して色々金融テクニックを駆使してリターンをあげるぜ、という主旨もの。
新興市場でなるべくリスクをおさえてリターンを、という試みは面白いかな、と思います。

ただ、、正直このファンドが今後どうなるかは全くの未知数。
リーマン後に出来たもので、いわゆるパニック相場の時に機能するのかどうか、と。
変な例えですが、原子力発電のリスクに似ているのかも、です。

2010年からのリターン、、というより標準偏差は中々素晴らしい数字ではあります。
ただ、正直パニック相場を経験していないファンド、、かつ市場が市場なだけに大きな割合を組み込むのは少々危険でしょう。
一部、様子見で入れる程度に留めるべきもの、、かな??

一応、GAMの名誉の為言っておきますが、このような試みをすること自体は素晴らしい事だと思います。
もしかしたら、今後の主流は新興市場を利用したヘッジファンド、、になるかもしれませんし、ね。

お問い合わせはコチラまで。


HOME>ミニマム一覧>AIIT>GAM Star Emerging Market Rates