HOME>ミニマム一覧>Hansard>Jupiter Climate Change Solutions (MC118)

Jupiter Climate Change Solutions (MC118)

ローンチ 06/05/2008
Benchmark FTSE World Index
Std. Dev. : ?


Overview
Jupiter Climate Change Solutions(SICAV)は、グローバル送金を持っており、それらが提供する製品や、彼らが気候変動に与える影響を最小限にする方法のいずれかを介して、環境の持続可能性と気候変動の課題に積極的に対応している企業に投資しようとしています。





<総評?>

一見、ファンド名からどんなファンドか判明不能だったので、思わずオリジナルファンド(Jupiter)のHPやら色々見ました。
結論からいえば、要するに「世界中の環境に優しい企業(大小問わず)に投資する(通常は70-90社)」というファンドですね。
いえ、気候変動やら深読みして「気候変動のように流動性にとんだ運用」とでもいう内容なんじゃないか、と一瞬思いまして(笑)
(モロ、その予想は外れ、上記が正解っす)

ちなみに、Hansardのファクトシートにはローンチは2008年となっていますが、どうやらオリジナル自体は名こそ違えど2003年くらいから運用している様子。

まぁ、、CO2削減やら温暖化問題が騒がれている昨今、素晴らしい主旨を持ったファンドだとは思います。
ただ、、実績が伴わないのね、と。

京都議定書の通り、各国削減目標云々が実現されていけば、、とは思うものの、、そもそも米国やらカナダ、中国あたり参加していない中で一体どれ程の効力があるのか。。

自分は懐疑的ではありますが、京都議定書の目論見通りになる!と予想される人は、まぁ選択肢に入れてもいいのかも、です。
(ここらは人それぞれでしょうな、考え方は)

<類似ファンド>


お問い合わせはコチラまで。


HOME>ミニマム一覧>Hansard>Jupiter Climate Change Solutions (MC118)