HOME>ミニマム一覧>Hansard>Emirates Islamic Global Managed(MC140)

Emirates Islamic Global Managed(MC140)

ローンチ 17-Jan-2011
Benchmark
Std. Dev. : ?


Overview
主要な投資基金の目的は、中長期を達成することである。
短期資本の成長はしてリスクを最小限に抑えながら、資産クラスにまたがる多様化。
当ファンドは、意志の多様なポートフォリオを取得するために時間をかけて求める
集団投資スキームと直接を含むが、これらに限定されない投資は、Murabaha(仲介)、スクーク(債券)、不動産と株式投資。




<総評?>

基本、グローバルなミックスファンド。
・・・なのですが、イスラムと名がついているが為、、異様に理解に苦しみました。
例えば、保有率NO.1のEMIRATES GLOBAL SUKUK A INC USD、これは単純にイスラム圏債券もの、分かりやすいです。
(何故、Globalという名になっているのか、はおいといて)
保有率NO.2のBNB PARIBAS ISLAMIC OPTIMISERはDow Jones Islamic Market Titans 100 Indexから30をピックしたものに投資するぜ、となっており、、Dow Jones Islamic Market Titans 100 Indexはなんぞや?と調べたら、「アジア、ヨーロッパ、北米の大型株の株式シャリア法に準拠し、その資産を投資」となっている。
じゃぁ、シャリア法とはなんぞや?と調べたら、「ハラーム(禁止行為)やマクルウフ(嫌悪行為)に関連する業種の銘柄が排除」ってな感じ。
廃止される内容は?というと、豚肉・煙草・アルコール・ギャンブル・ポルノ・デリバティブ等利子を生む金融等。
後はDB X-TRACKERS S&P EUROPE 350 SHARIAH ETF 1CやEMIRATES EMERGING MARKET EQUITYに続いていくぜ、と。

要するに、「シャリア法で禁止されているもの以外への全面投資」という意味か、、と。

イスラム金融が少し注目されている昨今、一体何が魅力なのか、、自分なりに調べて見ました。
出て来る内容は、、「オイルマネーを引き込むぜ」云々ばかりで、いち投資家としてのメリットはなんぞや?というのがいまいち見えてこず。。

将来的に通常のインデックスより好成績となり、目を見張る成績を残した際には改めて「なんでや?」と検証したいと思います。
ただ、まだまだ様子見だなぁ、、自分なら。。


<類似ファンド>
Emirates Active Managed(MC139)

お問い合わせはコチラまで。


HOME>ミニマム一覧>Hansard>Emirates Islamic Global Managed(MC140)